iPhone7 – カメラレンズも保護するケース、保護フィルム

iPhone7の落下時の破損を防ぐために、iPhone7ケースを購入する人は多いかと思いますが、みなさんのケース選びのポイントは何でしょうか。

最も重要な点は、iPhone7、iPhone7 Plusを落とした時に破損しない丈夫なケースであることですが、私が次に重視している点は以下の点です。

⇒ iPhone7を机など平らな場所に置いた時、カメラレンズが当たらないこと

その観点から、Spigen社のiPhone 7 Plusケースを選んでいます。

下図の通り、スクリーンだけでなくカメラレンズも触れることなく机に置くことができます。

iphone708

このケースは落下や衝撃の吸収が優れており、Amazonでも常に上位にランクされています。商品説明の「液晶画面・背面を守るこだわりの設計」においても以下の通り説明があります。

「 前面と背面のフチを高く設計し、液晶画面とカメラレンズをキズから保護します。」

裸でiPhone7・iPhone7 Plusを使用したい人でも保護フィルムはなしでもいいですが、このケースだけはつけることをお勧めします。AppleCare+がいらなくなるレベルのケースです。

iPhone7 PlusのSpigenのケースを購入しました。写真では、透明のケースに何か黒い文字が入っていますがこれは保護シールですからはがします。表と裏に保護シールがはられており、ピッタリと貼られているのではがしにくいのですが、カメラ窓あたりからだとはがしやすい

iphone711

保護シールを外すと以下の通り、きれいな「 iPhone7 Plus 透明ケース 」となります。

iphone712

見ての通り四隅にきれいな角があり、iPhone7を机においてもカメラレンズが当たらない
だけでなく、その角以外も机に接しないので、iPhoneケース自体もきれいな状態が維持可能。

iphone713

もちろん、ディスプレイ側は全体的にケースの端が少し高いので、iPhoneディスプレイが机などの平面に当たりません。正直、予想以上に良い商品でした。

iphone714

ちなみに、エレコム社のiPhone7 Plusケースの「PM-A16LUCTCR」では商品説明に「背面カメラ周りを覆い、カメラへの傷を防ぐ、カメラレンズ保護設計」とありますが、見たところ、カメラレンズは机などの平面に当たっているような状態でしたので、Spigen社以外のケースを購入する場合、写真のように触れない設計を図示している商品を選ぶようにしましょう。

個人的にはAmazonでもランキングの高い今回紹介したSpigen iPhone7ケースがお勧めです。
※ iPhone7 ジェットブラックには、本ケースを含め同素材のケースは適さないのでご注意!

iPhone7のカメラレンズ部分をピンポイントで保護したい場合には、旭硝子A級ガラスを使用した iPhone 7 カメラレンズ 強化ガラス保護フィルム などがあり、お勧めです。

iphone734

超薄高透過率の99.9%を実現しており、0.1mmでまるで何も貼っていないかのような滑らかな触りを実現している商品なのですが、Amazonレビューでは賛否両論となっています。

そもそも、カメラレンズのカバーはサファイアガラスが採用されているので、先ず割れることはないということからも、カメラレンズの保護フィルムは不要と考えている人も多いですね。

最後に、iPhone 7 強化ガラス 液晶保護フィルム【 3D Touch対応 / 硬度9H / 気泡防止 】も保護フィルムとすれば、AppleCare+が確実に不要となるレベルに到達すると思います。

iphone717

今回紹介した中で、iPhone7を守る最も重要なアイテムは「Spigenのケース」だと考えていますが、カメラレンズの保護フィルムや、Retina HDディスプレイの保護フィルムも iPhone7 の新品状態の最初に貼っておけば、iPhone7をより長くきれいな状態で維持できると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加