iPhone7 – iTunesを使用せずUSBテザリング

iPhone7でUSBテザリングするために、iTunesのインストールが必要だと言われていますが、Windowsの場合は、正確には以下の2つのプログラムがインストールされていれば、正常にUSBテザリングが動作します。

・ Apple Mobile Device Support  ・ Apple Application Support(xxビット)

私は、Windows PCでiPhoneによりUSBテザリングをよく使用するのですが、テザリングするたびにiTunesが起動されるのは困りますし、iTunesの利用はiPhone購入時のタイミングで、バックアップとリストア(復元)時にしか使用していないので、なおさら必要がないのです。

当方は以下の方法でiTunesなしでUSBテザリングを行っているので、私と同じように
iTunesは利用しないがUSBテザリングは行いたい」という方がご参考頂ければと思います。

前提として、iPhoneの大切なデータはiCloudなどでバックアップできていることが望ましい。

iPhone7 – iTunesを使用せずUSBテザリングする手順

Step1:インストール済みのiTunes関連のアプリのアンインストールをします。

すでにiTunesがインストールしている場合は、次のアプリを全てアンインストールします。iTunesだけでなく、Apple Application Support、Apple Mobile Device Support、Apple Software Update、Bonjourなど、発行元が「Apple Inc.」のアプリをアンインストール。

Step2:AppleのWebサイトからiTunesのプログラム(iTunes6464Setup)をダウンロード

Step3:この「iTunes6464Setup.exe」を実行せずに、解凍だけします。

Step4:解凍すると以下の7つのインストーラーパッケージが確認できます。

iphone710

Step5:以下の2つのインストーラーパッケージだけを実行して、インストールします。

⇒ AppleApplicationSupport64.msi ※1
⇒ AppleMobileDeviceSupport6464.msi

※1 インストールするPCが64bitの場合は「AppleApplicationSupport64.msi」をインストールして、PCが32bitの場合は「AppleApplicationSupport.msi」をインストールします。

以下の通り、インストールされたプログラムは以下の2つだけとなります。

iphone709

これにより、Wi-Fiテザリングだけでなく、USBテザリングを利用する場合でもiTunesを起動させることなくテザリング通信が可能です。USBテザリングやWi-Fiテザリングの設定手順はiPhone7 – テザリングの記事をご参考ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加