仮想化技術 <第2回> VRF・VRF-Lite – Ciscoコンフィグ設定

VRF、VRF-Lite – Ciscoコンフィグ設定

1. VRFインスタンスの作成
(config)# ip vrf VRF名

2. ルート識別子の指定
(config-rd)# rd ルート識別子

VRFのルート情報を識別するためのRD(Route Distinguisher)を指定します。ルート識別子は「AS番号:任意の数字」の組み合わせで構成します。

3. インターフェースへのVRFインスタンスの適用
(config-if)# ip vrf forwarding VRF名

4. VRFのルーティング設定 – スタティックルートの設定
(config)# ip route vrf VRF名 destination netmask nexthop

VRFインスタンスごとにルーティングの設定をします。ここではスタティックルートの設定例を紹介しています。通常のスタティックルートに「vrf」によりVRF名を指定するだけです。

virtualization04

R1(config)# ip vrf RED
R1(config-vrf)# rd 1:10

R1(config)# ip vrf BLUE
R1(config-vrf)# rd 1:20

R1(config)# interface GigabitEthernet0/1
R1(config-if)# ip vrf forwarding RED
R1(config-if)# ip address 192.168.1.254 255.255.255.0

R1(config)# interface GigabitEthernet0/2
R1(config-if)# ip vrf forwarding RED
R1(config-if)# ip address 192.168.2.254 255.255.255.0

R1(config)# interface GigabitEthernet0/3
R1(config-if)# ip vrf forwarding BLUE
R1(config-if)# ip address 192.168.1.254 255.255.255.0

R1(config)# interface GigabitEthernet0/4
R1(config-if)# ip vrf forwarding BLUE
R1(config-if)# ip address 192.168.2.254 255.255.255.0

R1(config)# ip route vrf RED 10.1.1.0 255.255.255.0 192.168.1.1
R1(config)# ip route vrf RED 10.1.2.0 255.255.255.0 192.168.2.1
R1(config)# ip route vrf BLUE 10.1.3.0 255.255.255.0 192.168.1.1
R1(config)# ip route vrf BLUE 10.1.4.0 255.255.255.0 192.168.2.1

設定例では、分かりやすくするために宛先ネットワークを、10.1.1.0/24、10.1.2.0/24、10.1.3.0/24、10.1.4.0/24のように全て異なるネットワークにしましたが、REDとBLUEは、それぞれ完全に独立したルーティングテーブルを持っているため、これらのネットワークがREDとBLUDとの間で重複していても問題ありません。

VRF、VRF-Lite – ステータス確認

◆ show ip vrf
⇒ 設定したVRFインスタンス、RD、割り当てられたインスタンス値を確認できます。

R1# show ip vrf

Name                             Default RD            Interfaces
RED                               1:10                  Gi0/1
                       Gi0/2
BLUE                              1:20                  Gi0/3
                       Gi0/4

◆ show ip route vrf VRF名
⇒ 各VRFごとのルーティングテーブルを確認できます。show ip route vrf BLUE など。show ip route だけで確認できるのは、VRFの割り当てがないグローバルなテーブルです。

R1# show ip route vrf RED

Gateway of last resort is not set

  10.0.0.0/24 is subnetted, 2 subnets
S        10.1.1.0 [1/0] via 192.168.1.1
S        10.1.2.0 [1/0] via 192.168.2.1
  192.168.1.0/24 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C        192.168.1.0/24 is directly connected, GigabitEthernet0/1
L        192.168.1.254/32 is directly connected, GigabitEthernet0/1
  192.168.2.0/24 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C        192.168.2.0/24 is directly connected, GigabitEthernet0/2
L        192.168.2.254/32 is directly connected, GigabitEthernet0/2

R1# show ip route vrf BLUE

Gateway of last resort is not set

  10.0.0.0/24 is subnetted, 2 subnets
S        10.1.3.0 [1/0] via 192.168.1.1
S        10.1.4.0 [1/0] via 192.168.2.1
  192.168.1.0/24 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C        192.168.1.0/24 is directly connected, GigabitEthernet0/3
L        192.168.1.254/32 is directly connected, GigabitEthernet0/3
  192.168.2.0/24 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C        192.168.2.0/24 is directly connected, GigabitEthernet0/4
L        192.168.2.254/32 is directly connected, GigabitEthernet0/4

R1# show ip route

Gateway of last resort is not set

設定例では、IPアドレスを割り当てた4つのインターフェースの全てに、VRFインスタンスを適用しているため、グローバルルーティングテーブルにルート情報は存在しません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加