iPhone7:Jアラートを受信するための設定

iPhone7は最初からデフォルトで、Jアラートを受信できるようになっています。

iPhone7でJアラートが有効になっているかどうかは、次の方法で確認することができます。

Step1:ホーム画面の「設定」をタップします。

Step2:設定画面の「通知」をタップします。

Step3:通知画面の一番下にある「緊急速報」が緑色に有効化(オン)していることを確認。

ちなみに、紹介した設定は緊急速報のエリアメールであって、Jアラートではないのでは?
と思われるかもしれませんが、以下のキャリア各社の報道発表資料にある通り、この緊急速報メールを受信できることが、すなわち、Jアラートの配信を受け取れることを意味します。

株式会社NTTドコモの緊急速報「エリアメール」、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社が提供する「緊急速報メール」において総務省消防庁が全国瞬時警報システム(Jアラート)にて発信する国民保護に関する情報の配信を2014年4月1日(火曜)より開始いたします。

なお、ミサイルが発射されても日本に落下する可能性がないと判断した場合はJアラートは鳴りません。つまり、ミサイル失敗や領海の外側に着弾する場合にはJアラートは通知されません。

これに加えて「Yahoo!防災速報」を受信できるようこのアプリもインストールしましょう。

Jアラートの仕組みと有事における心構え

Jアラートシステムのメイン回線は人工衛星、バックアップ回線はLGWANとなっています。

LGWAN(Local Government Wide Area Network)は、地方公共団体を相互に接続する行政専用のネットワークです。

結局のところ衝突は回避できそうな流れになっていますが、念のために、有事発生タイミングとなる夜間はスマホをベッドの近くにおいておきましょう。

ちなみに、少数のミサイルである場合には現在のミサイル防衛で着弾を回避することが可能とされていますが、連続して多数が発射された場合には、つまり飽和攻撃となった場合には日本の領土への着弾を回避することができない状況にあります。

この飽和攻撃を少しでも回避できるようにするためには「敵基地反撃能力」を有している必要があります。相手国から数発発射されてそれを迎撃した後、それでも何度も何度も相手国から日本国へミサイルに発射される場合、ミサイル発射台やミサイル基地に対して限定的に反撃を行うことで着弾してくるミサイルを減らせます。国会で議論だけでも深めてほしいですね。

また、iPhone7のJアラートを受信してからすぐに行動できるように、必要となる最小限の防災グッズをまとめておきましょう。

【完全ガイドシリーズ146】 防災グッズ完全ガイド \735

Jアラートの内容から遠く離れた地域と分かり自宅に留まること場合でも、水だけは十分に確保しておくことは重要です。ちなみに、私の家族ではこちらを常に一定量確保しています。

四季の恵み 自然湧水 岐阜・養老 (2L×6本)×2箱

あとは自宅の整理整頓しておくことも重要です。割れると危険なガラス製品はなるべく安全な場所におきましょう。そして、不要なガラス製品は捨てることをお勧めします。また、有事の際にどのように行動すべきかを家族内で話し合っておくことも重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加