BIG-IP - Virtual Server



 ◆ BIG-IP - Virtual Serverの位置づけと役割

 ここではVirtual Serverについて詳細に解説します。その前にVirtual Server、Pool、Nodeの関係と
 それぞれがどのような役割を担っているのかを理解しましょう。


   


 設定順序は Node作成 ⇒ Pool作成 ⇒ Virtual Server作成が本来あるべき流れなのですが、一般的に
 BIG-IP - Pool / Virtual Serverの設定解説どおり、Pool作成時にNodeも同時に作成するので作成順は
 Pool作成 ⇒ Virtual Server作成という流れで設定します。※ Virtual Serverから作成する人もいます。


 ◆ BIG-IP - Virtual ServerのType

 Virtual Serverは以下の4つのTypeがあります。通常はデフォルト値であるStandardを指定しますが
 Typeを変更することによって、より適切な処理(効率的な処理)をBIG-IPで実現することができます。

Type 設定値 使用するケース
 Standard  Standard  デフォルト値。以下のケースに該当しない場合はこの値で負荷分散を行う。
 Forwarding  Forwarding(Layer2)  Layer2ブリッジングの処理時に使用する値。
 Forwarding(IP)  クライアント⇔サーバ間の通信でダイレクトアクセスを行う際に使用する値。※1。
 Performance  Performance(HTTP)  HTTPプロトコルの負荷分散に特化した高速処理の際に使用する値。
 Performance(Layer4)  Layer4 ロードバランスに特化した高速処理の際に使用する値。※2。
 Reject  Reject  このVirtual Serverに着信したいパケットをRejectする際に使用する値。

 ※1 Performance(IP)の場合、サーバの宛先ネットワークを直接指定するためこのVirtual Serverに対するPoolのひも付けはなし。
 ※2 「1対1 SLB」または「1対N SLB」においてアドレス変換だけ行いたい場合でも、Performance(Layer 4)を選択しましょう。
 その際にService Portは「All Ports」を指定して、Protocolは「All Protocols」を指定するようにします。LC等でよくある実装です。



 ◆ BIG-IP - Pool の種類

 Poolは複数のサーバをPoolメンバーとして構成することが一般的ですが、複数のルータをPoolメンバーと
 して構成することも可能です。LCやGTMなどを導入している環境で、Outbound通信でネクストホップを
 冗長化する際にVirtual Serverで複数のルータをPoolメンバーとして定義したPoolを関連づけることが多い。





BIG-IP Basic Configuration 2

Copyright (C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.