Linux LPIC - sort / uniq / split / pr /fmt / expand / wc



 ◆ sort コマンド

 sortは、行単位でファイルの内容をソートする。オプション(-r)を指定しない場合は昇順にソート。

 ◆ 構文 : sort [ オプション ] [ +開始位置 ] [ -終了位置 ] [ ファイル名 ]

オプション 説明
-b  行頭の空白を無視
-f  大文字小文字の区別を無視
-r  降順にソート
-n  数字を文字ではなく数字として処理


 ◆ 実行例 : data.txtファイルを降順にソート
 $ sort data.txt




 ◆ uniq コマンド

 uniq コマンドは、並び替え済みのデータから重複行を削除して、1行にまとめて表示するコマンド。
 重複行を削除するために、ファイルの内容をsortコマンドなどにより並び替えてから実行します。

 ◆ 構文 : uniq [ オプション ] [ 入力ファイル名 ] [ 出力ファイル名 ]

オプション 説明
-d  重複している行のみ出力
-u  前後の行と異なる行を表示


 ◆ 実行例 : data.txtファイルをソートして、重複行を取り除いて表示
 $ sort data.txt | uniq


 ◆ split コマンド

 splitコマンドは、指定サイズでファイルを分割するコマンド。

 
◆ 構文 : split [ オプション ] [ 入力ファイル名 ] [ 出力ファイル名 ]

オプション 説明
-l 行数  指定した行数でのファイル分割。-l を省力することも可能。
-b バイト  指定したバイト数でのファイル分割。


 ◆ 実行例 : data.txtファイルを10行ごとに分割
 $ split -l 10 data.txt




 ◆ pr コマンド

 pr コマンドは、印刷前に使用されるファイルの書式を整えるコマンド。

 
◆ 構文 : pr [ オプション ] [ ファイル ]

オプション 説明
+開始ページ [:終了ページ]  開始ページや終了ページの指定
-h ヘッダ文字列  ヘッダに表示されるファイル名を、指定した文字に変更
-l ページ長  ヘッダとフッタを含めたページの長さを行数で指定


 ◆ 実行例 : data.txtファイルを1ページで30行として、1ページ目から5ページ目を出力
 $ pr -l 30 +1:5 data.txt




 ◆ fmt コマンド

 fmt コマンドは、テキストファイルを決められた桁に整形するコマンド。

 
◆ 構文 : fmt [ オプション ] [ ファイル ]

オプション 説明
-w 文字幅  1行の幅を設定




 ◆ expand コマンド

 expand コマンドは、テキストファイルの中にあるタブをスペース(空白)に変換するコマンド。

 ◆ 構文 : expand [ オプション ] [ ファイル ]

オプション 説明
-i  行頭のタブのみスペースへ変換。
-t 数値  置き換える桁数の指定。タブ幅のデフォルトでは8桁。




 ◆ unexpand コマンド

 unexpand コマンドは、expandとは逆の結果となり、スペース(空白)をタブに変換するコマンド。

 ◆ 構文 : unexpand [ オプション ] [ ファイル名 ]

オプション 説明
-a  行頭以外のスペースも変換。
-t 数値  置き換える桁数の指定。デフォルトでは8桁。




 ◆ wc コマンド

 wc コマンドは、指定したファイルの行数、単語数、文字数を表示するコマンド。

 ◆ 構文 : wc [ オプション ] [ ファイル名 ]

オプション 説明
-c  文字数だけの表示
-l  行数だけの表示
-w  単語数だけの表示


 ◆ 実行例 : data.txtファイルにwcコマンドを実行

 $ wc data.txt
 5 10 300


 ※ 上記実行例では、data.txtファイルの行数は5、単語数は10、文字数(バイト数)は300であることが分かります。




LPIC Web教科書

Copyright(C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved