Linux LPIC - nice / renice



 ◆ プロセスの実行優先度

 プロセスには優先度があります。優先度の高いプロセスは多くのCPU時間を割り当てられます。実行中の
 優先度は
ps -l コマンドで確認できます。「PRI」の列が優先順位(Priority)を示しています。プロセス
 の実行優先度値は
ナイス値で変えられます。ナイス値は「-20」から「19」で定義できます。ナイス値は
 小さいほど優先度順位が高くなります。ナイス値はniceコマンドで変更できます。※ rootユーザで実行。

 ◆ 構文 : nice -n ナイス値 コマンド

 ◆ 実行例 : 実行優先度を「15」低くして、updatedbコマンドを実行
 # nice -n -15 updatedb



 現在、実行中のプロセスのナイス値の変更のためにはreniceコマンドを使用します。reniceコマンドでは
 PIDを指定して特定のプロセスの優先度を変更したり、ユーザを指定して、特定のユーザの実行している
 プロセスの優先度を変更することも可能です。rootユーザはナイス値を自由に設定できますが一般ユーザ
 はナイス値を高くする(優先度を低くする)ことしかできません。reniceコマンドの構文は以下の通りです。


 ◆ 構文 : renice -n ナイス値 [ -p PID ] [ -u ユーザ名 ]

オプション 説明
-n ナイス値  ナイス値の指定 ( -n の省略可 )
-p PID  PIDの指定 ( -p の省略可 )
-u ユーザ名  ユーザ名の指定 ( -u の省略可 )


 ◆ 実行例 : PID 100 のナイス値を -15 に変更
 # renice -15 -p 100


 ◆ 実行例 : ユーザ「testuser」の全てのプロセスのナイス値を「-15」に変更
 # renice -15 -u testuser



LPIC Web教科書

Copyright(C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved