Linux LPIC - run level / shutdown



 ◆ ランレベルとは

 Linuxでは
ランレベルと呼ばれるいくつかの動作モードがあります。ランレベル毎にどのようなサービスを
 起動するか、起動しないかを決定することができます。Linuxのランレベルの種類と内容は以下の通りです。

ランレベル Red Hat Enterprise Linux、CentOS、Fedora Ubunts、Debian GNU/Linux
0  停止  停止
1  シングルユーザモード  シングルユーザモード
2  マルチユーザモード(テキストログイン、NFSサーバは停止)  マルチユーザモード
3  マルチユーザモード(テキストログイン)  マルチユーザモード
4  未使用  マルチユーザモード
5  マルチユーザーモード(グラフィカルログイン)  マルチユーザモード
6  再起動  再起動
S or s  シングルユーザーモード  シングルユーザモード


 シングルユーザモードは、管理者(root)ユーザーだけが利用できる状態のことです。このランレベルは、
 システムメンテナンスの際などに使われます。現在のランレベルは
runlevelコマンドにより確認できます。
 runlevelコマンドを実行すると「1つ前のランレベル、現在のランレベル」の順で2つ情報が表示されます。

 以下の実行例では1つ前のランレベルが「N」、そして現在のランレベルが「5」であることが分かります。
 「N」はシステム起動後にランレベルが一度も変更されていない場合に「
N」と表示されます。


 # runlevel
 
N 5


 以下の実行例では、1つ前のランレベルが「5」、現在のランレベルが「3」である事が分かります。


 # runlevel
 
5 3


 ランレベルを変更するためには、rootユーザでinitコマンド、またはtelinitコマンドを使用します。例えば
 ランレベル1(シングルユーザーモード)へ移行するためには
init 1と入力。telinit 1と入力しても同じです。

 # init 1


 以下のようにランレベル6へ移行するためにinit 6と入力(telinit 6)すると、システムは再起動します。

 # init 6

 ◆ デフォルトのランレベルの設定

 Linux起動時には、最初のプロセスとしてinitが実行され、デフォルトとして指定されたランレベルで起動
 します。デフォルトのランレベルは /etc/inittab に記述されており、最終行の
id:5:initdefault: で確認可。
 以下ではデフォルトでランレベルが「5」で起動することが分かります。「#」で始まる行は全てコメント。

 

 viコマンドなどで編集することでデフォルトのランレベルを指定できます。ランレベルのデフォルト値を
 停止を意味する「0」や再起動を意味する「6」を指定した場合、システムが起動不可となるのでご注意!




 ◆ 起動時でのランレベルの変更

 Red Hat Enterprise Linuxの場合、以下の手順でブート時にデフォルトのランレベルを変更できます。

 @ 電源ON時に Booting 〜 in 3 seconds. . .と表示されたら何かキーを入力
 A GRUBのOS選択画面で
a と入力
 B 以下メッセージが出力されるので、quietの後にランレベル(single, 1,2,3,4,5)を指定しEnterキー。


 ◇ CentOS6.4の場合

 @ CentOS6.4の場合、電源ON時に以下のメッセージが表示された場合は何かキーを押します。

 


 A 以下の画面が表示されるので、そこで a と入力します。

 


 B quiet の後に 3 と入力してEnterキーを入力すると起動を開始します。

 



 ◆ システムのシャットダウンと再起動

 initコマンド、telinitコマンドでもシャットダウン(0)、再起動(6)が行えますが、ログインユーザーに対し
 メッセージを通知せずに実行されることになります。一方、
shutdown コマンドを使用することによって
 シャットダウンや再起動前に、ログインユーザーに事前通知したり、時間指定したりすることができます。

 ◆ 構文 : shutdown [ option ] [ time ] now [ message ]

option 説明
-h

 シャットダウン完了後にシステムを停止する。

-r  シャットダウン完了後にシステムを再起動する。
-f  次回起動時にfsckをスキップする
-F  次回起動時にfsckを必ず実行する。
-k  シャットダウンをせずに警告メッセージを通知
-c  現在実行中のシャットダウンをキャンセルする


 このシャットダウンは、rootユーザで行う必要があります。シャットダウンコマンドの例は以下の通り。

 ◆ 直ちにシステムを停止する
 # shutdown -h now


 ◆ 20時にシステムを停止する
 # shutdown -h 20:00


 ◆ 直ちにシステムを再起動する
 # shutdown -r now


 ◆ シャットダウンは行わずに、ログインユーザに警告メッセージ「Please logout」だけ伝える
 # shutdown -k now Please logout



LPIC Web教科書

Copyright(C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved