Linux LPIC - /var/log/messages



 ◆ ログファイルの種類

 システム状態に応じて出力される各種ログは、以下のようなログファイルに出力されます。

ログファイル名 内容
 /var/log/messages  一般的なシステム関連のメッセージ
 /var/log/secure  セキュリティに関するメッセージ
 /var/log/cron  定期的に実行される処理結果に関するメッセージ
 /var/log/maillog  メールに関するメッセージ
 /var/log/spooler  印刷に関するメッセージ
 /var/log/boot.log  OS起動時に関するメッセージ




 ◆ ログファイルの見方

 ここでは、
/var/log/messagesファイルのログの見方を紹介。以下では1行だけログを抜粋しています。

 Nov 15 03:24:54 localhost ntpd[13846]: synchronized to 192.168.94.109, stratum 2

 上記のログは 11月15日3時24分54秒に、localhost(自身のLinuxシステム)が、stratum2のNTPサーバ
 「192.168.94.109」にNTPによる時刻同期が行われたことを意味するメッセージです。出力形式は以下。

項目
 日時  Nov 15 03:24:54
 ログを出力したホスト名  localhost
 メッセージの出力元  ntpd[13846]
 出力されたメッセージ内容  synchronized to 106.187.94.109, stratum 2


 ◆ ログファイルの確認コマンド

 moreコマンドで/var/log/messagesファイルを確認すれば、messagesファイルを1行目から確認できます。

 # more /var/log/messages


 tailコマンドで/var/log/messagesファイルを確認すれば、messagesファイルの末尾10行を確認できます。

 # tail /var/log/messages


 tail - fコマンドで/var/log/messagesファイルを確認すればmessagesファイルをリアルタイムで確認可。

 # tail -f /var/log/messages


 grepコマンドで特定のキーワードを指定して、/var/log/messagesファイルを確認すればキーワードが
 含まれた行だけを確認できます。以下の実行例では「interface」というキーワードが含まれた行だけ表示。

 # grep interface /var/log/messages




 ◆ その他のログファイルの確認コマンド : lastコマンド、lastlogコマンド

 lastコマンドは、
/var/log/wtmpのログファイルを参照して、最近ログインしたユーザーの一覧を表示。


 # last

 admin  pts/0  :0.0  Sun Aug 11 20:19  still logged in
 admin  pts/0  :0.0  Thu Aug  1 20:35 - 21:17 (00:42)


 lastlogコマンドは、/var/log/lastlogのログファイルを参照しユーザごとに最近のログイン一覧を表示。


 # lastlog

 ユーザ名   ポート   場所   最近のログイン
 root      tty1         水 5月 8 16:10:57 +0900 2013
 bin                  **一度もログインしていません**



 ◆ ログファイルのローテーション

 ログファイルはログ出力の度に追記されていくので、ファイルサイズがどんどん大きくなっていきます。
 そこで、ログファイルの
ローテーション機能を使用することで、古くなったログを切り分けることにより
 1つのログファイルのサイズが大きくなることを防ぎます。


   



 ローテーション機能は
logrotateユーティリティにより提供されており、cronを利用して定期的に
 実行されます。logrotateの設定は、
/etc/logrotate.confファイルで行います。

 ◇ /etc/logrotate.conf ファイルの内容

 




LPIC Web教科書

Copyright(C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved