Linux LPIC - CUPS



 ◆ CUPSとは

 多くのLinuxディストリビューションでのプリンタ印刷には、
CUPS(Common Unix Printing System)
 というシステムが採用されています。CUPSの主な特徴は以下の通りです。

CUPSの特徴 説明
 IPPの採用  ネットワーク上のプリンタをサポートする印刷プロトコルとしてIPPを採用
 PPDファイルのサポート  AdobeのPPD形式ファイル(テキスト)でデバイスドライバの設定が可能
 Web画面での設定  Webブラウザで設定が可能
 プリンタクラスのサポート  複数のプリンタを1台に見せかける機能をサポート


 CUPSの情報は、/etc/cups ディレクトリに格納されています。CUPSの設定ファイルはこのディレクトリ
 に格納されている
/etc/cups/cupsd.conf となります。CUPSの設定方法は2つあり、1つは設定ファイルを
 直接編集する方法ともう1つはWebブラウザでCUPSの設定ページにアクセスして編集する方法となります。

 ◆ 設定例 : /etc/cups/cupsd.conf の直接編集 - ローカルプリンタとして使用する場合の設定

 < Location />


 Order Deny, Allow
 Deny From All
 Allow From 127.0.0.1


 < / Location>


 ◆ 設定例 : /etc/cups/cupsd.conf の直接編集 - NWプリンタとして使用する場合の設定(192.168.10.0/24からの許可)

 < Location />


 Order Deny, Allow
 Deny From All
 Allow From 127.0.0.1

 Allow From 192.168.10.*

 < / Location>



 CUPSを使用した印刷処理のフローは以下の通りです。


     



 CUPSサービスは、以下のコマンドにより起動できます。

 # /etc/init.d/cups start


 CUPSサービスが動作しているかはnetstatコマンドでippサービス(tcp:631)がLISTENで確認できます。


 # netstat -at

 Active Internet connections (servers and established)
 Proto  Recv-Q    Send-Q  Local Address    Foreign Address  State
 tcp      0        0   *:ssh            *:*     LISTEN
 tcp      0        0   localhost:ipp       *:*     LISTEN
 tcp      0        0   localhost:smtp       *:*      LISTEN




 ◆ 印刷関連のコマンド ( レガシーなコマンドを紹介 )

 プリンタへの印刷は、アプリケーションからGUIで行うだけでなく
lpr コマンドでも実行することが
 できます。lprコマンドにより、指定したファイルや標準入力をプリントキューに送ることができます。

 ◆ 構文 : lpr オプション ファイル名

オプション 説明
 -# 部数  印刷部数を指定
 -P プリンタ名  指定したプリンタに出力


 ◆ 実行例 : テキストファイルの testdata.txt を6部印刷
 $ lpr -#6 testdata.txt         



 プリンタキューに登録されている印刷ジョブを確認するためには lpq コマンドを使用します。

 ◆ 構文 : lpq オプション ユーザー名 ジョブ番号

オプション 説明
 -a  全てのプリンタの情報を表示
 -P プリンタ名  指定したプリンタの情報を表示


 ◆ 実行例 : 全てのプリンタの印刷キューを表示
 $ lpq -a



 プリンタキューにある印刷ジョブを削除するためには lprm コマンドを使用します。

 ◆ 構文 : lprm オプション ジョブ番号

オプション 説明
 -  自分の印刷ジョブを全て削除
 -P プリンタ名  指定したプリンタの印刷ジョブを削除


 ◆ 実行例 : 自分の印刷ジョブを全て削除 (プロンプトが $ であることを確認)
 $ lprm -

 ◆ 実行例 : 全ユーザーの印刷ジョブをすべて削除 (rootユーザーとして実行した場合)
 # lprm -



LPIC Web教科書

Copyright(C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved