LPICイージス



 ◆ LPIC イージスとは

 LPICイージスはLPIC レベル1(101/102)試験対策のためのWeb教科書です。Linux技術を効率的に学習できる
 ように体系的に解説しています。LPIC取得のためにWeb教科書としてLPICイージスを活用して頂ければ幸いです。
 内容と品質はLPIC参考書とほぼ同じです。問題演習はLPIC取得の定番サイト(プレミアムコンテンツ)が多くの
 LPIC合格者から支持されており一発合格のために活用しましょう!合格体験記を読めば有効性がよく分かります。

 ◇ 2015/11/20 - LPIC v4.0対応版はCCNPイージス作成完了後に作成を開始するため、しばらく作成することが難しく申し訳ないです。
 
◇ 2015/04/01 - LPICイージスの全てのページを見やすくしました。色々と親切にご指摘くれた方、本当にありがとうございました。
 ◇ LPICのための勉強時に、実際にLinuxを使用してコマンド入力した方が記憶の定着が良いので、以下のVMware Playerを利用しよう!

 Windowsに仮想化ソフト(VMware)をインストールすることで
 Windows上でもLinux OSを動かせます。以下で順番に紹介して
 いるのでご参考下さい。先ずは VMware Player をインストール!

 ◆ VMware Playerのダウンロードとインストールを

 ◆ CentOS ダウンロード
 ◆ VMware PlayerへのCentOSのインストール

 ◆ Debian GNU/Linux ダウンロード
 ◆ VMware PlayerへのDebian GNU/Linuxのインストール

 


 ※ 以下のLPICの試験範囲を学習する前に、10分で学習できるLinuxを本当にはじめからの解説をご参考下さい。



 LPI Level1 101 (117-101)

 ◇ 2015年4月更新完了 - LPIC Level 101 Version 3.5 対応


 ◇ 1. システムアーキテクチャ

 ◆ LPIC Linux - ハードウェア設定の決定と構成

 ◆ LPIC Linux - システムのブート

 ◆ LPIC Linux - ランレベル変更とシステムのシャットダウン

 
 付録 : 各種システムサービスの起動と停止 - 詳細説明



 ◇ 2. Linuxのインストールとパッケージ管理

 ◆ LPIC Linux - ハードディスクのレイアウト設計

 ◆ LPIC Linux - ブートマネージャのインストール

 ◆ LPIC Linux - 共有ライブラリの管理

 ◆ LPIC Linux - Debianパッケージ管理の使用 APTツール

 ◆ LPIC Linux - RPMパッケージ管理の使用 YUMツール



 ◇ 3. GNUとUnixのコマンド

 ◆ LPIC Linux - コマンドラインの操作 : シェルとは Part 1

 ◆ LPIC Linux - コマンドラインの操作 : シェルとは Part 2

 ◆ LPIC Linux - コマンドラインの操作 : コマンドの基本

 ◆ LPIC Linux - フィルタによるテキストストリームの処理 1

 ◆ LPIC Linux - フィルタによるテキストストリームの処理 2

 ◆ LPIC Linux - 基本的なファイル管理 1

 ◆ LPIC Linux - 基本的なファイル管理 2

 ◆ LPIC Linux - ストリーム、パイプ、リダイレクトの使用

 ◆ LPIC Linux - プロセスの生成、監視、終了 1

 ◆ LPIC Linux - プロセスの生成、監視、終了 2

 ◆ LPIC Linux - プロセスの実行優先度の変更

 ◆ LPIC Linux - 正規表現によるテキストファイルの検索

 ◆ LPIC Linux - viを使用した基本的なファイル編集



 ◇ 4. デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層標準

 ◆ LPIC Linux - パーティションとファイルシステムの作成

 ◆ LPIC Linux - パーティションとファイルシステムの作成 2

 ◆ LPIC Linux - ファイルシステムの整合性の保持

 ◆ LPIC Linux - ファイルシステムのマウントとアンマウント

 ◆ LPIC Linux - ディスククォータの管理

 ◆ LPIC Linux - ファイルのパーミッションと所有者の管理 1

 ◆ LPIC Linux - ファイルのパーミッションと所有者の管理 2

 ◆ LPIC Linux - ハードリンクとシンボリックリンクの作成

 ◆ LPIC Linux - システムファイルの検索

 
 付録 : VMware PlayerのCentOSでのパーティション分割


 LPI Level1 102 (117-102)

 ◇ 2015年4月更新完了 - LPIC Level 102 version 3.5対応


 ◇ 5. シェル、スクリプト、およびデータ管理

 ◆ LPIC Linux - シェル環境のカスタマイズと使用

 ◆ LPIC Linux - 簡単なスクリプトのカスタマイズ、作成 1

 ◆ LPIC Linux - 簡単なスクリプトのカスタマイズ、作成 2

 ◆ LPIC Linux - 簡単なスクリプトのカスタマイズ、作成 3

 ◆ LPIC Linux - SQLデータ管理 1

 ◆ LPIC Linux - SQLデータ管理 2



 ◇ 6. ユーザインターフェイスとデスクトップ

 ◆ LPIC Linux - X11のインストールと設定

 ◆ LPIC Linux - ディスプレイマネージャの設定

 ◆ LPIC Linux - アクセシビリティ



 ◇ 7. 管理業務

 ◆ LPIC Linux - ユーザアカウント、グループアカウント 1

 ◆ LPIC Linux - ユーザアカウント、グループアカウント 2

 ◆ LPIC Linux - ジョブスケジューリングによる自動化

 ◆ LPIC Linux - ローカライゼーションと国際化



 ◇ 8. 重要なシステムサービス

 ◆ LPIC Linux - システム時刻の維持

 ◆ LPIC Linux - システムのログ1 システムのログ2

 ◆ LPIC Linux - メール転送エージェント(MTA)の基本

 ◆ LPIC Linux - プリンターと印刷の管理



 ◇ 9. ネットワークの基礎

 ◆ LPIC Linux - インターネットプロトコルの基礎

 ◆ LPIC Linux - 基本的なネットワーク構成

 ◆ LPIC Linux - 基本的なネットワークの問題解決

 ◆ LPIC Linux - クライアント側のDNS設定



 ◇ 10. セキュリティ

 ◆ LPIC Linux - セキュリティ管理業務の実施

 ◆ LPIC Linux - ホストのセキュリティ設定

 ◆ LPIC Linux - 暗号化によるデータの保護









   

 LPICイージスで誤字脱字や内容に問題がある場合、こちらからご指摘頂ければ内容確認後すぐに修正しますのでご連絡頂けますと幸いです。



ネットワークエンジニアとして

Copyright(C) 2002-2017 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved