iPhone6 docomo - MVNO SIM



 ◆ NTTドコモのiPhone6/6 Plus - 端末価値が高い理由

 NTTドコモのiPhone6/6 Plusは、SIMフリーのiPhone6/6 Plusの次に、SIMフリーな位置づけにあります。
 それは、ほとんどのMVNOの格安SIMをSIMロックの解除なしに利用できる端末であるからです。MVNOの
 格安SIMといっても実質的にはNTTドコモのネットワークを使用しているので、そのまま利用できるのです。


   



 同一キャリアでのSIMカード差し替えによる利用前提は、同じタイプのSIMである事と、同じ通信方式で
 あることです。つまり、同一キャリア内であっても、iPhone5のnano-SIMをiPhone6/6 Plusで利用可能
 ですが、iPhone4のmicroSIMをiPhone6で利用することはできません。SIMカットはお勧めできません。
 SIMについては、標準SIM、microSIM、nanoSIM、SIMロック、SIMフリー、格安SIM をご参考下さい。

 当然ながら最も端末価値の高いiPhoneは一番左側のSIMフリー機ですが、このSIMフリーiPhoneは安く
 入手することはできません。一方、キャリアのiPhoneは下取りキャンペーン時やMNPで安く入手したり
 キャリアが在庫を抱え始める2月以降はdocomoショップ等で安く入手することができる場合もあります。
 
※ iPhone5sの場合、MNPで「実質0円」ではなく「一括0円」で放出したショップもあります。決算間近の 1〜3月 が狙い目!



 ◆ MVNO - 人気のTOP 3

 MVNOは安ければ良いというわけではなく、安定した通信速度が得られるかどうかがポイントとなります。
 以下のMVNOは安定した通信速度が得られ、なおかつ格安のMVNOであり人気のトップ3となっています。

MVNO IIJ NTTコム 楽天モバイル
サービス名 IIJmio OCN モバイル
ONE
【楽天モバイル】
初期費用 3240円 3240円 3240円
プラン名 ミニマムスタートプラン OCN モバイル
ONE
通話SIM
3.1GBプラン
月額料金 1600円 1800円 1600円
データ通信容量 3GB 3GB 3GB
制限時の速度 200Kbps 200Kbps 200Kbps
音声通話 ○ (090) ○ (090) ○ (090)
評判
公衆Wi-Fi × × ×
利用可能端末 動作確認済み一覧 動作確認済み一覧 動作確認済み一覧
利用ネットワーク NTTドコモ NTTドコモ NTTドコモ


 ※ 2015年4月以降は、各社でデータ通信容量が 2GB ⇒ 3GB に増えました。格安SIM人気によって熾烈な競争が行われています。


       




 ◆ NTTドコモのiPhone6/6 Plus - SIMカードの差し替え検証

 下図の通り、現在iPhone5sとiPhone6 Plusには購入時に挿し込んであったSIMカードを使用しています。

     



 これをiPhone5sに挿し込んであったSIMカードをiPhone6 Plusに挿し込み、iPhone6 Plusに挿し込んで
 あったSIMカードをiPhone5sに挿し込んで使用できるかを確認します。結果、それぞれのiPhoneの電話
 番号が入れ替わった状態になり正常に使用できました。つまりL2SIMロックが当然ないことが分かります。


     





 ◆ 
iPhone6/6 Plus - 2年後(毎月の割引の終了後)にすべきこと


 NTTドコモ、KDDI au、SoftbankでiPhone6を
 購入した方は毎月の割引が2年続きますが2年後に
 その割引がなくなります。契約を継続した場合は
 最低で月額7000円以上を支払う必要があります。

 それゆえに、まさかそのまま契約を継続する人は
 少ないと思います。※音声通話が多くて、長期の
 ユーザーにとっては契約継続の選択肢はありです。

 音声通話が少ない人は、以下の選択肢のうち
 パターン1を選択することにより、スマホ料金が
 永続的に月額2000円前後で済むことになります。



割引終了後の選択肢 説明 費用
 @ 3キャリアではなくMVNOと契約

 月額2000円前後でOK。例えばdocomoのスマホなら端末費用も不要。
 ⇒ 音声通話が少ない人、キャリアメールが必要ない人に最適な選択肢。

 A MNPで異なるキャリアと契約

 月額4000円前後でOK。MNPで契約したキャリアで新規端末費用が必要。
 ⇒ 2年毎に新しい端末が欲しい人、無料の音声通話が必要な人に最適。

 B 引き続いて同じキャリアと契約

 月額7000円以上が必要。新規の端末費用は不要。
 ⇒ 無料の音声通話が必要な人、10年以上の長期ユーザの人に最適。

×


 AとBの選択肢は2年間の費用で見るとそれほど差はないのですが、Aの選択肢の場合は、新しいスマホを
 入手できる大きなメリットがあり、それを予備機としたり下取りに出したり、その点を含めるとAの方法が
 Bより少し安上がりになります。そして、2年ごとに最新のスマホを使用できる大きなメリットがあります。
 従って、Bの選択肢は10年以上の長期ユーザで長期割引が適用されている人のみが選択するような内容です。

 そして最もお勧めの選択肢が@です。MVNOが成熟してきたのです。音声通話も問題なくできるようになり
 docomoの快適なネットワークを利用できるので品質も問題ありません。さらに2014年10月から同じ料金で
 データ通信のサイズが1GBから2GBへ増量されました。もはやMVNOを選択しない手はありません。現在の
 スマホがdocomoのiPhoneの場合は、下図のように、そのままdocomoのスマホを使用することができます。


     

 docomo以外のKDDI auのスマホやSoftbankのスマホは、MVNOでそのまま使用できない機種がほとんどなので別途端末が必要。



← iPhone6 / 6 Plus - 拡張表示機能

スマートフォン( iPhone6 / iPhone6 Plus )

Copyright(C) 2002-2016 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved