docomoギガホ(6980円)と softbankウルトラギガモンスター(7480円)との比較

先日、発表されたdocomoの新料金プラン(ギガホ・ギガホーダイ)は、主に以下の利用者が大きな恩恵を受けることになりました。

・ 通信データ量が少ない人(3GB未満など)
・ 通信データ量が極端に多い人(30GBプラン契約など)
・ 3回線以上を契約するファミリー層

そして、ギガライトはKDDIのピタットプランよりも優れた料金体系になっており、ギガホはSoftbankのウルトラギガモンスターよりも優れた料金体系となっています。

つまり、現在KDDIのピタットプランを契約している人、Softbankのウルトラギガモンスターを契約している人は「ドコモと契約した方がお得ですよ」という料金体系となっています。

docomoギガホとsoftbankウルトラギガ:料金比較

◆ docomo ギガホ:6,980円( テザリングする場合でも 6,980円 )
◆ softbank ウルトラギガモンスター:7,480円( テザリングする場合は 7,980円 )

ドコモもソフトバンクも家族割引を適用したり、回線セット割を適用したりすれば、両社とももっと安くなります。その条件は、ほぼ同じであることから、そういったセット割引はなしとした場合は上記金額であり、NTTドコモのギガホの方が安くなります。

また、テザリング通信する場合はNTTドコモは無料Softbankは500円別途必要となります。大容量の通信する人は、固定回線を解約してテザリング通信をする人が多いことから、以上の内容を踏まえると、NTTドコモの方がSoftbankよりも1000円安いということになります。

例えば、ソフトバンクのウルトラギガモンスターの内訳は以下の通りとなっていますが、docomoの新しい料金プランでは、データ定額、基本プラン、ISP料金という分離がなくなり、シンプルに「 6,980円 」という1つの項目となっています。

docomoギガホとsoftbankウルトラギガ:通信データ容量

◆ docomo ギガホ:30GB( 30GBを超過しても 1000kbpsで通信が可能 )
◆ softbank ウルトラギガモンスター:50GB( 50GBを超過すると128kbpsの速度制限 )

docomoギガホの通信データ容量は「30GB」であるのに対して、softbankウルトラギガモンスターの通信データ容量は「50GB」であり、通信データ容量はsoftbankの方が大きいです。

ただし、docomoギガホの場合は30GBのデータ容量を使い切ってもその後に128kbpsの通信速度制限はなく、1Mbps(1000kbps)の速度で通信できるため実質的に使い放題です。

一方、softbankも50GBのデータ容量を使い切っても、Youtubeなどの多数の動画サービスは速度制限なく快適に通信することができます。以下のサービスが無制限対象であり、例えば、プライムビデオ、Netflixなどは対象外ですし、Yahooなどのネット閲覧は速度制限されます。

NTTドコモの通信エリアの広さ、通信速度、通信品質は No.1

通信エリアの広さ、通信速度、通信品質は3キャリアで、docomoがNo1であることを考えると1000円安いdocomoギガホを選ぶ人は多いかと思います。

なお、月額3,480円とか月額4,980円とかどちらのキャリアも期間限定かつ家族割を適用した金額をアピールしていますが、固定回線を引いていない単身者の月額費用は以下の通りなので一時的な安さに惑わされないようにしましょう。

比較項目 docomoギガホ softbankウルトラギガ
 月額費用 6,980円 7,480円
 テザリング費用 無料 500円
 通信データ容量 30GB 50GB
 通信データ容量の超過後 1000kbpsの通信 128kbpsの低速通信
 通信可能エリア、通信品質 キャリア No.1 キャリア No.3

ただし、ソフトバンクではみんな家族割(4人で契約)を適用すると、毎月マイナス2000円という大きな割引があることから、家庭内でのキャリアの契約状況を確認した上で自分にとって最もお得なキャリアを選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加