docomoギガライトとsoftbankミニモンスターの比較、ギガライトの方がお得

使った分だけ支払いが発生するドコモの「ギガライト」とソフトバンクの「ミニモンスター」とではどちらかがお得なのか、結論から言えば、docomoの「ギガライト」の方がお得です。

2019年6月1日からサービス開始したギガライトの利用料金は以下となっています。※ 以下の利用料金は割引前の料金であり、家族割によりさらに1000円安くなります。

ソフトバンクの場合、値下げを行わなかったことから「ミニモンスター」の料金は以下のままとなっています。しかも、固定回線を利用していない場合はさらに1000円高くなります。

※ docomoとsoftbankともに、1年限定割引や家族割引など割引適用していない月額です。

比較項目 docomoギガライト softbankミニモンスター
 ~ 1GB 2,980円 3,980円
 ~ 3GB(softbankは2GB) 3,980円 5,980円
 ~ 5GB 4,980円 7,480円
 ~ 7GB(softbankは50GB) 5,980円 8,480円
 テザリング費用 無料 500円
 通信可能エリア、通信品質 キャリア No.1 キャリア No.3

あまりにソフトバンク料金プランが高いので、実際に月額料金をシミュレーションしました。3GBを使用した場合の料金シミュレーションです。3GBで7,480円となりました。ただし1年間限定で6,480円となります。ソフトバンクの固定回線がない場合、2年目以降は7,480円です。

3GBまで使用した場合のdocomo、au、softbankの料金比較は以下の通りです。

比較項目 docomo
ギガホ
KDDI au
新ピタットプラン
softbank
ミニモンスター
 1GBまで使用する場合 2,980円 2,980円 3,980円
 3GBまで使用する場合 3,980円 4,480円 7,480円
 通信可能エリア、品質 キャリアNo.1 キャリアNo.2 キャリアNo.3

※ 家族3人以上で利用する場合、docomoとauは1000円の割引(永年)となります。
※ ソフトバンクは1年間限定で1000円の割引(1年限定)となります。

ソフトバンクが値下げを行わない理由としては、サブブランドであるワイモバイルで対抗するとしています。つまり、安い料金でスマホを使用したい人はワイモバイルを勧めるという戦略だということです。また、2GB以上を使用する人は大容量プラン(7,480円)を会社としても勧めています。この大容量プランは家族4人で使用すれば2,000円の割引があります。

ところで、そもそも3キャリアとも高いと考えている人は、楽天モバイルを選択している人が多いです。楽天モバイルは格安スマホ契約数No.1の事業者です。さらに、2019年10月からは第4のキャリアとなる携帯電話事業者であり、10月からは超高速通信も実現します。

ギガライト、新ピタットプラン、ミニモンスターともに、データ使用量は決定することができないので、通信すればするほど料金が自動的に上がっていくので注意しましょう。

楽天モバイルの場合は価格変動はなく、例えばプランSを選べば 1,480円(2年間)固定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加