BIG-IP - Pool Monitor / Node Monitor 1



 ◆ BIG-IP - Monitor

 モニターとは、Poolメンバーが正常にサービスを提供できる状態なのかを、BIG-IP ⇔ Poolメンバー間で
 チェックする機能です。モニターのチェックに失敗した(応答しない)Poolメンバーには、BIG-IPからトラ
 フィックを停止します。他の正常なPoolメンバーとは通信を継続するので障害時でもサービス提供できます。


  




 ◆ BIG-IP - Monitor の種類

 MonitorにはActive MonitorとPassive Monitorの2種類があります。一般的にActive Monitorを使用します。

Monitorの種類 説明
Active Monitor  BIG-IPデバイスからPoolメンバーまたはノードにリクエストを送信し、その応答状況に応じて死活監視
Passive Monitor

 BIG-IPに着信してきたクライアントからのコネクションがPoolメンバーに割り振られ、正常な通信が
 行われている場合は正常(UP)として、クライアント ⇔ サーバ間の通信が成立しない場合は障害発生
 とみなしDown状態に遷移させる。なお、初期状態はPoolメンバーの状態は正常(UP)となっている。



 ◆ BIG-IP - Active Monitorのタイプ

 Active Monitorには大きく以下の4つのタイプがあります。要件に応じて適切なモニターを選択しましょう。

Active Monitorタイプ BIG-IPデバイスからのアクション 監視
レイヤー
プロトコル
使用例
Address Check

 Poolメンバーに、IPパケットを送信してサーバの状態を確認。
 応答がない場合にPoolメンバーは利用不可とみなされる。

Layer 3 ICMP
Service Check

 Poolメンバーに、TCPコネクションのオープン/クローズを行うことで
 サーバの状態を確認。コネクションが失敗するとそのPoolメンバーは
 利用不可とみなされる。

Layer 4 TCP
Content Check

 PoolメンバーにTCPコネクションをオープンし、データ取得する事で
 (HTTP Getなどをすることで)サーバの状態を確認。コネクションの
 失敗またはレスポンスが失敗した場合、そのPoolメンバーは利用不可。

Layer 7 HTTP
Interactive Check

 PoolメンバーにTCPコネクションをオープンして、コマンドの送信と
 レスポンスの受信などを行い、実際にプロトコルで行われるやりとり
 を行うことでサーバの状態を確認。これらの L7 かつ複数の相互確認
 のコマンドのやりとりが失敗した場合、そのPoolメンバーは利用不可。

Layer 7 FTP




 ◆ BIG-IP - カスタムモニターの設定

 モニターは標準的に使用できるモニターがいくつかデフォルトで用意されています。標準モニターは
 「Local Traffic」⇒「Monitors」で確認できます。標準モニター設定を編集することも可能ですが、
 テンプレート編集は推奨されていないため、カスタムモニターを作成するために「Create」を押します。

 


 例えば、以下画面はParent Monitor(基準にするデフォルトのProfile)に「http」を選択した場合の設定。

 

設定項目 説明
 Interval  BIG-IPからのMonitorパケットの送信間隔。
 Timeout  BIG-IPがサーバダウン(障害)とみなす時間。 ※ 推奨値: Interval × 3 + 1
 Send String  BIG-IPからの特定のコンテンツの要求。
 Receive String

 BIG-IPがサーバ(Poolメンバー)から受信した情報に、どのような情報が含まれていれば
 サーバを正常(UP)と見なすのかを指定。(空白の場合はどのような情報でもMatchする)

 Receive Disable String

 BIG-IPがサーバ(Poolメンバー)から受信した情報に、どのような情報が含まれていれば
 サーバを障害(down)と見なすのかを指定。(空白の場合はどのような情報でもMatchする)

 User Name  認証時に使用されるユーザ名
 Password  認証時に使用されるパスワード
 Reverse  判定基準を逆にするかどうか
 Transparent  リンクモニターの際に使用 ( パスが有効な場合はPoolメンバーをUP )
 Alias Address  モニター対象のアドレス ( * All addresses = NodeのIPアドレス ) - Advanced 表示項目。
 Alias Service Port  モニター対象のポート ( * All Service Port = Poolメンバのポート番号 ) - Advanced 表示項目。


 以下は、Parent Monitorを「gateway_icmp」にした場合の設定画面です。

 



 ◆ BIG-IP - モニターの適用方法

 モニターの適用対象は「PoolメンバとNode」であり、BIG-IPのモニターの適用方法は以下の2つがあります。
 Pool MonitorとNode Monitorを組み合わせて使用することも可。Node MonitorはノードなのでICMPを使用。
 ※ Pool Monitorでサービスを監視し、Node MonitorでICMPによるノードを監視する組み合わせが推奨設定。

Monitorの適用方法 説明
Pool Monitor

 Pool内の全てのPoolメンバーを対象としたMonitorのアサインが可能。
 Pool内のそれぞれのPoolメンバーに、個別のMonitorのアサインが可能

設定値 説明
 None   モニターを適用しない
 Inherit From Pool  Poolに適用されたモニターを継承する (デフォルト値)
 Member Specific  Poolメンバーごとにモニターを適用する
Node Monitor

 全てのノードを対象としたDefault Monitorのアサインが可能。
 それぞれのノードに対して、個別のMonitorのアサインが可能

設定値 説明
 None  モニターを適用しない
 Node Default  ノードに共通のDefault Monitor(※1)を適用する(デフォルト値)
 Node Specific  ノードごとのモニターを適用する

 ※1 Default MonitorではどのタイプのMonitorも「Active」項目に入っていないため、実質的にNodeをモニターしていない状態。



BIG-IP Basic Configuration 2

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.