BIG-IP - SNAT Pool / AutoMap



 ◆ BIG-IP : B SNAT Pool の設定

 SNATは、送信元アドレスと送信元ポート番号が変換されるソースNATとして動作して、ルータでのNAPT
 (IPマスカレード)と同じような動作を行います。例えばプライベートIPアドレスを持つ多くのデバイスが、
 BIG-IPのインターフェースに設定した1つのグローバルIPアドレスに変換して通信する際にも使用されます。


      



 SNAT Poolは、事前にPoolに設定したアドレスを使用するSNATです。

 


 例えば、「CLIENT-NAT」という名前のSNAP Poolを作成した場合、宛先となるVirtual Serverの設定で
 以下のように指定します。つまり、Virtual Serverに適用することでSNAT Pool Listの設定が発動します。

 


 ◆ BIG-IP : C AutoMap の設定

 AutoMapはアドレス変換後のIPアドレスにBIG-IPのインターフェースに割り当てられたIPアドレスを
 使用するSNATです。シングル構成時には
SelfIPを使用して、冗長構成時にはFloating IPを使用します。


    




 設定としては、宛先となるVirtual Serverの設定で「AutoMap」と指定するだけでOKです。

 


 AutoMapを指定してSNATを使用する際のバーチャルサーバのアドレスは、Wildcard Virtual Serverとして
 以下の通り 0.0.0.0/0 に設定することが多いです。つまりLAN側(Internal)からのインターネット通信用。

 

 色々な種類のNAT、SNATが適用されている
 場合、以下の順序で処理されていき合致した
 時点でアドレス変換の処理が完了します。

 @ Virtual Serverに適用されたSNAT
 A NAT List
 B SNAT List

 @はSNATのAutoMap と SNAT Poolのこと。
 Virtual ServerにAutoMapもSNAT Poolも適用
 されておらず、アドレス変換を定義するiRule
 が適用されている場合その処理が実行されます。


NATの種類 NATの設定 アドレス変換対象 変換後のアドレス
NAT NAT List IPアドレスで指定 指定したIPアドレス
SNAT SNAT List IPアドレスリストで指定 指定したIPアドレス ※1
SNAT SNAT Pool Virtual Server宛ての通信 SNAT Poolで設定したIP
SNAT AutoMap Virtual Server宛ての通信 BIG-IPのIPアドレス ※2
SNAT iRules Virtual Server宛ての通信 snat構文で指定したIPアドレス


 ※1 一般的な設定ではありませんがSNAT ListのTranslationのアドレスには「AutoMap」や「SNAT Pool」を指定することも可。
 ※2 AutoMapで使用するBIG-IPのIPアドレスは、機器の冗長時はFloating IPを使用して、シングルの場合はSelf IPを使用します。



 ◆ BIG-IP : D iRulesで適用するSNATの設定

 iRulesの構文の「アクション」で snat キーワードを指定した場合、そこで指定したIPアドレスに変換する
 SourceNATが行われます。iRulesの構文にもよりますが、1対1変換の指定の場合はNAT ListやSNAT Listと
 同様に1対1の変換が行われることを確認できました。NAT ListやSNAT List同様にポート番号の変換はなし。



BIG-IP Basic Configuration 2

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.