BIG-IP - SNMP



 ◆ SNMPの設定 - SNMP Agent Configuration

 BIG-IPのSNMP設定はSYSLOGとは異なりGUIだけで設定できます。先ず、以下の3項目を設定します。

設定項目 説明
 Contact Information  管理者のメールアドレスなど
 Machine Location  BIG-IPの設置場所の情報 ( Location )
 SNMP Access (Client Allow List)  SNMPアクセスを許可するIPアドレス(SNMPマネージャなど)


 [System]⇒「SNMP」⇒「Agent」⇒「Configuration」の画面で設定を行います。デフォルト値として
 Client Allow Listに「127.」という値がありますが、BIG-IPでSNMP Walkコマンドの実行のために必要と
 なりますので削除しないように注意しましょう。例では「172.16.100.100」のアドレスを追加しています。
 ※ Note: By default, SNMP is enabled only for the BIG-IP system loopback interface(127.0.0.1)

 




 ◆ SNMPの設定 - SNMP Agent Access

 BIG-IPがサポートしているSNMPバージョンはv1、v2c、v3の3つ。以下の設定画面はv1とv2c用です。
 その他のメーカ同様、SNMPで使用するバージョンはv2cまたはv3が推奨です。設定項目は以下の通り。

設定項目 説明
 Type  IPv4アドレス、またはIPv6を選択。
 Community  コミュニティ名を入力。
 Source  SNMPマネージャなどのアドレスを選択。※
 OID  SNMPアクセス対象のOIDツリー情報を入力。
 Access  Read OnlyまたはRead Writeを選択。

  ※ Sourceには、ホストアドレスまたはネットワークアドレスの指定が可能です。
  ※ Sourceに default と指定した場合、SNMP Agent Configuration のSNMP Accessと同じ値になります。

 「System」 ⇒ 「SNMP」 ⇒ 「Agent」 ⇒ 「Access(v1, v2c)」の画面で設定を行います

 

 


 ◆ SNMPの設定 - SNMP Trap Configuration

 最後にTrapの設定を行います。設定項目は以下の通りです。

設定項目 説明
 Agent Start/Stop  SNMPエージェントの起動または停止時にトラップを送信
 Agent Authentication  SNMPエージェントの認証に関するトラップを送信
 Device  BIG-IPデバイスに関するトラップを送信


 「System」⇒「SNMP」⇒「Traps」⇒「Configuration」で設定を行います。

 




 ◆ SNMPの設定 - SNMP Trap Destination

 最後にTrapの設定を行います。設定項目は以下の通りです。

設定項目 説明
 Version  SNMPのバージョンを選択。
 Community  コミュニティ名を入力。
 Destination  Trap先のアドレスを指定 ( SNMPマネージャのアドレス )
 Port  SNMP Trapで使用するポート番号を指定。


 「System」⇒「SNMP」⇒「Traps」⇒「Destination」で設定を行います。

 

 


 以上の通り、BIG-IPのSNMPの設定は、SNMP Agentの設定を2項目(ConfigurationとAccess)
 SNMP Trapの設定を2項目(ConfigurationとDestination)の計4項目を設定することになります。


 


 



 F5 BIG-IPのSNMPのMIBは、ログイン後のトップページの下の方にある以下からダウンロードできます。

 





BIG-IP Basic Configuration 2

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.