BIG-IP - UCS Backup / Restore



 ◆ 各種設定ファイル(UCS)のバックアップ

 @ 「System」⇒「Archives」を選択して、以下の画面で「Create」を押します。

 


 A ファイル名を入力して、EncryptionをDisabled、Private Keysをincludeにして「Finished」を押します。

 



 B これでBIG-IPデバイス上にUCSファイルが生成されました。このUCSファイルを例えば管理用PCに
   ダウンロードするためには生成されたファイルをクリックします。

 


 C Download : 〜.ucs ボタンを押すことで管理用PCにUCSファイルをダウンロードすることができます。

 


 ◆ 各種設定ファイル(UCS)のリストア

 ここではBIG-IPデバイス上に保存されているUCSファイルではなく、管理PCに保存していたUCS
 ファイルをBIG-IPデバイスにアップロードして、そのファイルをリストアする方法を解説します。

 @ 「System」⇒「Archives」を選択して、以下の画面で「Upload」を押します。

 


 A 「参照」を押してファイル名を選択して「Upload」を押します。

 


 B アップロードしたファイル名をクリックします。

 


 C 以下の画面で「Resotre」を押します。

 


 UCSファイルをバックアップする解説では
 EncryptionをDisabledにしていますが仮に
 Enabledにした場合、UCSファイルの中身を
 参照できないので、運用管理上は不便です。

 またPrivate Keysをincludeにしていますが、
 incluedeが推奨です。excludeにした場合は、
 BIG-IPデバイスにアクセス時に使用する
 GUI用の鍵ファイルが含まれないだけでなく、
 SSL用の鍵ファイルも含まれないので要注意。


 UCSファイルの中身を確認するためには2回解凍する必要があります。1回解凍すると configsync 〜.im というファイルが
 生成されます。そのファイルをさらに解凍します。解凍中にファイルの上書き確認が表示されたら「すべていいえ」を選択。



BIG-IP Basic Configuration 1

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.