BIG-IP - CLI Command



 ◆ BIG-IP - 役立つCLIコマンド

 Tabキーや「?」が使用できるようにするため、tmshモードに移行してからコマンド入力しましょう。

 【 システム 】
tmshコマンド 説明
 show sys license  ライセンス情報
 show sys version  OS情報
 show sys hardware  ハードウェア情報
 show sys cpu  CPU情報
 show sys memory  メモリ情報
 show sys performance system  システムの現在・平均・最大の負荷情報
 show sys performance throughput  トラフィックの現在・平均・最大の負荷情報
 show sys log  ログ情報。(tail -f /var/log/ltm でリアルタイム確認)


 【 HA 】
tmshコマンド 説明
 show sys failover  自身がActive機かStandby機であるかの情報
 show sys ha-status all-properties  全てのHA Status Featureのステータス情報
 show sys ha-group  設定したHA Groupのスコア情報
 show sys ha-group detail  設定したHA Groupのスコアの詳細情報
 show cm failover-status  traffic-groupごとのFailoverステータス
 show cm failover-status traffic-group-1  traffic-group-1における詳細なFailoverステータス


 【 ネットワーク 】
tmshコマンド 説明
 show net interface  インターフェースのステータス
 show net fdb  MACアドレステーブル
 show net arp  ARPテーブル
 show net route  ルーティングテーブル
 show net vlan  VLAN情報
 show net trunk  トランク情報
 show net stp  STP情報


 【 コネクション 】
tmshコマンド 説明
 show sys connection  コマンド入力時にBIG-IPが保持しているコネクション情報
 show sys connection オプション  指定したオプション値に合致したコネクション情報の一覧
 show sys performance connection  コネクション数の現在値、平均値、最大値の情報

 ※ オプションには以下のような値があります。オプション指定後に"IPアドレス"や"ポート番号"を入力します。
オプション 説明
 cs-client-addr  ClientSideのクライアントIPアドレス
 cs-client-port  ClientSideのクライアントポート番号
 cs-server-addr  ClientSideのサーバIPアドレス
 cs-server-port  ClientSideのサーバポート番号
 ss-client-addr  ServerSideのクライアントIPアドレス
 ss-client-port  ServerSideのクライアントIPアドレス
 ss-server-addr  ServerSideのサーバIPアドレス
 ss-server-port  ServerSideのサーバポート番号


 【 バーチャルサーバ 】
tmshコマンド 説明
 show ltm virtual  バーチャルサーバの情報
 show ltm virtual  バーチャルサーバのアドレス情報
 show ltm pool  Poolの情報
 show ltm node  nodeの情報


 【 NAT 】
tmshコマンド 説明
 show ltm nat  NATの情報
 show ltm snat  SNATの情報
 show ltm snatpool  SNATのPool情報
 show ltm snat-translation  SNATのアドレス変換情報


 【 Persistenceテーブル】

tmshコマンド 説明
 show ltm persistence persist-records  Persistenceテーブルの表示
 show ltm persistence persist-records all-properties  Persistenceテーブルの詳細表示

 ※ Cookie InsertやCookie Rewriteを使用する場合はPersistenceテーブルに表示されません。
 ※ 既存のPersistenceテーブルの情報は delete ltm persistence persist-records コマンドで削除できます。


 あとは、Linux関連の基本コマンドは習得
 しておくことが大切です。例えば、iRule
 の試験において、logオプションを記述し
 合致しているかどうかは、/var/log/ltmに
 出力されますが、それをリアルタイムで
 確認するためには以下のコマンドを実行。

 tail -f /var/log/ltm



BIG-IP Basic Configuration 2

Copyright (C) 2002-2019 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.