BIG-IP - Persistence Cookie Insert



 ◆ パーシステンス : Cookie Insert

 Cookie Insertの詳細は、ロードバランサのパーシステンスの種類を確認頂ければと思います。
 本ページではCookie Insert Modeの設定方法とステータス確認方法について解説していきます。


   



 ◆ Cookie Insert の設定

 @ 「Local Traffic」⇒「Profile」⇒「Persistence」を選択して以下の画面から「Create」を押します。

 


 A Parent Profileに「Cookie」を選択し、Persistence Typeに「Cookie」を選択します。

 

 上記のConfigurationについてはデフォルト状態なので、Customチェックを外さず以下でもOK。

 


 ● Cookie Methodには、HTTP Cookie Insertを選択します。

 ● Cookie Nameは、空白とすることでCookie名がBIGipServer+Pool名の名前となります。

 ● Always Send Cookieをチェックしないことで最初(First Hit)だけCookieをClinetに送信します。
 ※ チェックした場合は毎回CookieをつけてClinetに送信するようになります。

 ● ExpirationのSesssion CookieをチェックすることでWebブラウザが閉じる状態まで有効になります。
 ※ 長い期間、有効にしたい場合はSesssion Cookieのチェックを外して日数を指定します。

 ● Encryption Passphrageは「Cookie Encryption Use Policy」をdisabledにすれば使用されません。

 ● Override Connection Limitは、Connetion Limit値に到達した場合でも無視したい場合にチェック。

 B バーチャルサーバに作成したPersistenceのプロファイルを適用します。設定は以上です。

 


 ◆ Cookie Insertのステータス確認

 ステータス確認といっても、クライアントのWebブラウザにCookieが配布されていることを確認します。
 Google Chromeの場合、Webブラウザの右端にある「設定」から以下の画面を表示します。

 

 コンテンツの設定を選択すると以下の画面が表示されるので「すべてのCookieとサイトデータ」を選択。

 


 


 上図の出力は、「172.16.20.100」のバーチャルサーバにアクセスした時に、BIG-IPデバイスから
 クライアントPCに発行されたCookieです。Cookieの名前は BIGipServer+Pool名 となることから、
 このBIG-IPに設定されたPool名が「POOL-HTTP」という名前であると分かります。ちなみに、この
 Cookie Insertモード以外ではサーバ側でCookieを発行する必要があります。



BIG-IP Basic Configuration 2

Copyright (C) 2002-2021 ネットワークエンジニアとして All Rights Reserved.