ギガホ(6980円)auデータMAXプランPro(7480円)ウルトラギガ(7480円)比較

2020年2月1日からKDDI auが無制限に通信できる「auデータMAXプランPro」の料金料金を8,980円から7,480円に値下げしたことにより、3キャリアの価格が横並びになりました。

同じくほぼ無制限に利用できるドコモのギガホ、ソフトバンクのウルトラギガモンスター+の比較表は以下の通りです。

比較項目 docomo
ギガホ
KDDI au
auデータMAXpro
softbank
ウルトラギガ
 月額料金(2年契約適用) 6,980円 7,480円 7,480円
 データ容量 60GB 無制限・30GB 50GB
 速度制限時の通信速度 1000kbps 128kbps 128kbps
 家族3人で利用した場合 5,980円 6,480円 5,980円
 家族4人で利用した場合 5,480円
 光回線の契約時の割引 1000円割引 1000円割引 1000円割引

ドコモ:ギガホ(独身でも同居していない家族と割引適用可)

ドコモのギガホではスマホ通信でも、テザリング通信でも60GB利用できます。さらに、60GB使用した後も1Mbpsで通信できることから、動画閲覧も問題なく行えるので実質的に無制限のデータ通信が可能な料金プランです。また、3キャリアで最も品質の良い電波を提供します。

また、NTTドコモとソフトバンクの場合は独身でも同居していない家族との割引が適用可能であり、家族割引が適用しやすい利点があります。

ドコモ「ファミリー割引」は独身でも同居していない家族と割引適用可、5分で完了する手順
ドコモの新料金プランである「ギガホ」や「ギガライト」では、ドコモを利用する家族の音声回線数に応じて、最大で毎月1000円割引となります。 ...

KDDI au:auデータMAXプランPro

KDDI auが1500円割引を行ったとはいえ、元の値段が8,980円がかなり高額であったことから現時点でも3キャリアの中では、割引後の月額費用で最も高額となっています。ですが、テザリングやデータシェアの通信容量が20GBから30GBに増えるなど確実に良い値下げです。

スマホ通信は無制限にデータ通信可能であり、ヘビーユーザーには最高の最適なプランです。

ソフトバンク:ウルトラギガモンスター+

ソフトバンクでは、家族3人や家族4人で利用すれば最も安い料金となります。また、期間限定の割引がドコモとKDDI auが6か月間だけのに対して、ソフトバンクは12か月間の1000円割引があります。また、動画SNS放題であり実質的に無制限にデータ通信が可能です。

また、ソフトバンクの場合はPayPayが最も貯まりやすい特典があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加