iPhone XS MAX:カメラレンズも保護するケース、保護フィルム 2018年最新版

iPhone XS MAX用の最新ケースがSpigen社から発売されています。

エアクッションテクノロジーによる衝撃吸収で人気のiPhoneケースです。現時点ではまだ、iPhone XS MAXを入手してこのケースを取り付けた人はいないため、レビューがありませんがiPhone XS MAX用ケースとして人気No.1になることは間違いないと思います。

【Spigen】 スマホケース iPhone XS Max ケース 対応 全面クリア 耐衝撃 米軍MIL規格取得

iPhone XSのケースの場合、iPhone Xのケースでも装着することができますが、iPhone XS MAXは今までにないiPhoneのサイズであるため、必ず「 iPhone XS MAX用 」である必要があります。iPhone XS MAXのサイズと重量は以下の通りです。

ちなみに、iPhone 8 Plusの場合は「縦 158.4mm、横 78.1mm 、厚さ 7.5mm」となることから、iPhone XS MAXとiPhone 8 Plusのサイズは異なります。

◆ iPhone XS MAX Spigenケース【製品の特徴】

・ 高い保護力と衝撃吸収で端末を守ります。
・ 写真やシールなどで自由にカスタマイズ可能です。
・ 側面のTPUと背面のポリカーボネート素材を組み合わせた2重構造ケース
・ 対応機種: iPhone XS Max (2018)

◆ iPhone XS MAX Spigenケース【製品の特徴】詳細

・ MIL規格(STD 810G-516.6)の規定にのっとり”米軍軍事規格”を取得。

・ TPU素材のバンパーにポリカーボネート素材のクリア背面パネルを組み合わせた2重構造

・ エアクッションテクノロジー(落下時の衝撃を軽減する設計)← これが人気の秘密!!

ケースの各コーナー内側部分に落下時の衝撃を効率よく吸収するための技術 ”エアクッションテクノロジー”を採用。本体の落下時に伝わる衝撃をケース内側の四隅にあるエアクッションで
吸収するので、衝撃を最小限に抑えます。

・ 液晶画面・背面を守るこだわりの設計

前面と背面のフチを高く設計し、液晶画面とカメラレンズをキズから保護します。

個人的にはエアクッションと、この前面と背面のフチの高い設計が最高です。

iPhone Xで使用してみて実感できましたが、iPhone X MAXでも次のように四隅のフチが高いので、机においてもディスプレイやカメラレンズが触れないので本当に傷つきにくいです。

iPhone XS MAXはとてもサイズが大きいですから、この頑丈なケースを装着することをお勧めします。ただし、9月14日 時点でレビューがないので、慎重な方は念のため購入前にレビューを読むことをお勧めします。

iPhone XS MAX:強化ガラス液晶保護フィルム

6.5インチという大きなディスプレイのiPhoneですから、強化ガラス液晶保護フィルムを貼ることは必須と言えます。現時点ではレビューはありませんが、人気ランキングにはやはりこのNimaso iPhoneXS Max 用 全面保護フィルム液晶強化ガラスが上位にきています。

【2枚セット】Nimaso iPhoneXS Max 用 全面保護フィルム液晶強化ガラス

この保護フィルムの特徴は以下の通りです。

・ フルカバーデザイン
・ 業界最 高硬度9H
・ 高透過率
・ 2.5Dラウンドエッジ加工
・ 即貼り付け可能
・ 3D Touch対応
・ 指紋付着防止
・ 飛散防止

AppleCare+に加入しようがしまいが、iPhone XS MAXという高額機種を買うのなら、必ず、頑丈なケースと保護フィルムを装着することを強くお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加