docomoギガライトとKDDI auピタットプランの比較、NTTドコモの方が1000円お得に

NTTドコモ「ギガホ」とSoftbank「ウルトラギガモンスター」とでは、1,000円差でドコモがお得という結果(softbankのテザリング料金500円を含めた場合)になりましたが、

NTTドコモ「ギガライト」とKDDI au「ピラットプラン」においても、500円~1,000円差でドコモがお得という結果(KDDI auのテザリング料金500円を含めた場合)になりました。

※ NTTドコモ、KDDIともに、1年限定割引や家族割引など割引適用していない金額です。

比較項目 docomoギガホ au ピタットプラン
 ~ 1GB 2,980円 2,980円
 ~ 3GB 3,980円 4,480円
 ~ 5GB 4,980円 5,480円
 ~ 7GB(auは20GB) 5,980円 6,480円
 テザリング費用 無料 500円
 通信可能エリア、通信品質 キャリア No.1 キャリア No.2

NTTドコモ:ギガライト

KDDI au:ピタットプラン

参考:docomoギガホとsoftbankウルトラギガモンスター比較

比較項目 docomoギガホ softbankウルトラギガ
 月額費用 6,980円 7,480円
 テザリング費用 無料 500円
 通信データ容量 30GB 50GB
 通信データ容量の超過後 1000kbpsの通信 128kbpsの低速通信
 通信可能エリア、通信品質 キャリア No.1 キャリア No.3

今回のNTTドコモ新料金プランは、契約者全ての人が大きな恩恵を受けるという結果にはなりませんでしたが、確実な料金値下げとなっています。

また、以上の通りKDDI auのピタットプランよりも500円~1000円安くなっているだけでなくSoftbankのウルトラギガモンスターよりも1000円安くなりました。

さらに、シンプルな料金体系となっており、良い方向へ少し進んだのではないかと個人的には満足しています。ちなみに、私は毎年新しいスマホを買い替える人なので、今までよりも負担が大きくなる可能性が高いですが、毎年スマホを買い替える人の負担が大きくなり、スマホを長く使用している人の負担が減ることは良いことではないかと考えています。

と言いながら、新規で購入するスマホの割引が少しだけでもあれば嬉しいなと願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加