2019年格安SIMシェア13.2%に拡大:人気順位 楽天モバイル、mineo、UQモバイル

MMD研究所は、15歳~69歳の男女40,804人を対象に2019年8月19日~26日の期間で、格安SIMサービスの利用動向調査を実施しました。

メインで利用しているキャリアは次の通りです。docomo ⇒ au ⇒ softbank ⇒ ワイモバイル ⇒ MVNO という順番になりました。MVNOが13.2%となりシェアを広げました。

Source:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1819.html

格安SIMの利用者数は着実に増えていることが分かります。

メインで利用している格安SIMサービスは以下の順位であり、楽天モバイルがダントツNo.1。

◆ 2019年:格安SIMカードサービスの顧客満足度調査

第1位:楽天モバイル

第2位:mineo

第3位:UQ mobile

第4位:OCN モバイル ONE

第5位:IIJmio

1位~5位まではいつもの常連ですが、LINEモバイルが前回より大幅に順位を上げています。

また、契約別を詳細に見ると、音声+データプラン契約数については第4位になっています。LINE人気と本田翼さんのプラス効果が影響しているかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加