携帯(スマホ)契約数・シェア:2020年9月 NTTドコモ 8000万、KDDI 5900万、Softbank 4400万

携帯電話・スマホの契約者数が更新されました。電気通信事業者協会の更新情報です。

現在のNTTドコモ、KDDI au、ソフトバンクの携帯電話の契約者数は次の通りとなりました。どのキャリアも増加していますが、KDDI auやソフトバンクの増加数の伸びに対してドコモはやや低調な増加状況です。

◆ NTTドコモ:80,986,600・・・3か月前より37万契約の増加

◆ KDDI au:59,934,700 ・・・3か月前より69万契約の増加

◆ Softbank:44,307,400 ・・・3か月前より64万契約の増加

※ 携帯電話には、携帯電話だけでなくスマートフォンも含まれます。

3キャリアの通信料金が高いという理由でMNPする人は、UQモバイルやワイモバイルに移動することが多いことから、結果としてKDDI(UQモバイル)、ソフトバンク(ワイモバイル)の増加数がドコモに比べて多くなる傾向が続いています。

BWA(WiMAX)のUQコミュニケーションズの契約者数、無線呼出し契約数は以下です。

2021年春頃からMNP手数料が無料になりますが、それがどのように影響するのか注目です。

また、2021年春頃は「多くの楽天モバイル利用者の無料期間が終了する」期間でもあるため、この影響にも注目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加