ドコモ:ahamoに変更しても留保の解約金(10,450円)がなくならず2年縛りは継続

docomoのahamo、auのpovo、softbankのLINEMO、これらの新プランには解約金を含めて各種手数料0円がうたわれていますが、docomoのahamoのみ留保の解約金(10,450円)が発生するケースがあるので注意が必要です。

先ず、ギガホやギガライトからahamoに移行する場合の解約金や手数料は発生しません

しかし、現在ドコモ契約者で、例えばギガホ・ギガライトを契約している人がahamoに乗り換えた場合でも、2年縛りが残っている人はドコモ(ahamo)の途中解約は解約金(10,450円)が発生することをahamoの公式twitterで確認することができました。※ 以下の赤枠。

ドコモにとって解約金(10,450円)の存在は、解約阻止と10,450円の収入という観点からは重要な位置づけにあり、ドコモ利用者は引き続き2年縛りを意識する必要があります。

留保解約金の有無は、my docomoやドコモ151へ電話すれば確認することができます。

私の場合は5月31日まで留保中の解約金が発生するので6月以降に他社にMNPする予定です。

私の会社スマホはお仕事の関係上、引き続きドコモ一択で、スマホはXperia一択です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加